1. リント
  2. カラダのお悩み
  3. デリケートゾーンの黒ずみは、“デリケートゾーン専用石鹸”で解決!

デリケートゾーンの黒ずみは、“デリケートゾーン専用石鹸”で解決!

公開日  | 更新日 

デリケートゾーンは、普段人には見られなくても、キレイに保ちたいというのが女子の本音ですよね。

とくに黒ずみがあると、見た目がキレイではないので、「水着を着るときや、彼氏に見られる時に気になる…」と悩んでいる方も少なくないかと思います。

そこで、ここではデリケートゾーン専用石鹸の使い方や選び方、黒ずみの対策方法までご紹介しています。

デリケートゾーン専用石鹸と普通の石鹸との違い

弱酸性かどうかが違う

デリケートゾーン専用石鹸を選ぶ時に気を付けたいポイントは、弱酸性かどうかという点です。

  1. 膣の中は酸性に保たれている

膣の中には、乳酸菌を生成し、細菌の繁殖を防ぐための役割を担う、“デーテルライン桿菌(かんきん)”があります。

このデーテルライン桿菌のおかげで、膣内のpH値が常に酸性へと保たれているのです。

市販で販売されているボディーソープは、アルカリ性のものが多いため、粘膜部分の多いデリケートゾーンを洗うには刺激が強すぎます。

アルカリ性のボディーソープを使うことで、膣内のpH値がアルカリ性に傾き、自浄作用がうまく働かなくなってしまいかねません。

また、界面活性剤が含まれているものはとくに洗浄力が強いため、膣のバリア機能にまで悪影響を与えてしまい、肌トラブルの原因となる可能性があります。

普段、肌や腕を洗っていてトラブルが出たことがないボディーソープでも注意が必要なのです。

  1. デリケートゾーン専用石鹸は弱酸性がおすすめ

通常の石鹸はアルカリ性が多く、デリケートゾーンには刺激が強すぎることがあります。

デリケートゾーン専用石鹸ならどれでも大丈夫と思ってしまいがちですが、専用石鹸にもたくさんの種類があり、配合成分もそれぞれ異なります。

デリケートゾーンはとくに肌が弱い部分なので、敏感肌用で弱酸性のものを選んでおくと安心です。

  1. ジャムウ石鹸

デリケートゾーンの臭い対策として効果的と言われているジャムウ石鹸。

主なジャムウ成分は、ツボクサやミョウバン、ローズマリーなどがありますが、その中に含まれているカミツレや甘草には、メラニンの生成を抑え、黒ずみを防ぐ効果が期待できます。

洗浄力の強さが違う

デリケートゾーンは、皮膚が薄く敏感な部分です。

洗浄力が強すぎると、肌トラブルを引き起こしてしまう場合がありますので、注意が必要になります。

  1. デリケートゾーン専用石鹸は肌に優しい

デリケートゾーン専用石鹸は、普通のボディーソープと比べて肌への刺激が抑えて作られています。

使用されている洗浄成分も、オーガニックや天然由来のものが多いです。

敏感肌でも肌を傷つけないような、肌に優しく安全性の高い石鹸なので、安心して使うことができます。

  1. 洗浄力が強すぎると黒ずみの原因に

デリケートゾーンの黒ずみを少しでも消そうと、つい強い力で洗ってしまいがちです。

ですが、デリケートゾーンのできた黒ずみは、メラニンの色素沈着によるものなので、普通の汚れとは違います。

ゴシゴシ洗っても黒ずみはとれないどころか、摩擦の刺激で肌を傷つけ、メラニン色素を作り出してしまうかもしれません。

そもそも、多くのデリケートゾーン専用石鹸には、黒ずみ解消効果に期待できる成分が含まれているので、優しく洗うだけで十分なんです!

黒ずみをよりできにくくする方法として、デリケートゾーン専用石鹸に加えて、デリケートゾーン専用のクリームを使うことをおすすめします。

専用石鹸の効果

黒ずみ予防

デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、外部からの刺激によって肌が色素沈着をしてしまうことが原因です。

普通のアルカリ性石鹸では刺激が強すぎますが、デリケートゾーン用石鹸なら刺激があまりないものが多いので、黒ずみ予防にもなります。

また、潤い成分を含んでいるものであれば乾燥も予防してくれるので、おすすめです。

臭いを軽減

デリケートゾーンの黒ずみと同じくらい、臭いの悩みを抱えている人も多いかと思います。

デリケートゾーンは、常に服や下着で隠れている部分なので、汗をかきやすく、臭いもこもりやすくなりがちです。

ですが、デリケートゾーン専用石鹸は、臭いを抑える効果に期待される成分が含まれていたり、ハーブなどの香りが含まれていたりする商品が多く販売されているので、臭いを軽減してくれる効果も期待できます!

デリケートゾーン専用石鹸は、汚れをすっきり洗い流し、かゆみや黒ずみのケアができることに加えて、臭い対策までできる万能なアイテムと言えますね。

細菌感染を予防

膣は正常であれば酸性に保たれ、膣の常在菌が外部からの細菌の侵入を防ぐ自浄作用があります。

デリケートゾーン専用石鹸であれば、多くが弱酸性なので、膣の自浄作用の妨げになりにくいですが、普通の石鹸はアルカリ性のものが多いので、自浄作用の働きを低下させる可能性があります。

専用石鹸を使って正しく洗えば、膣内の必要な常在菌はそのままに、汚れだけをしっかり洗い流すことができるので、細菌感染の予防にも繋がります。

ただし、たとえ専用石鹸を使っていたとしても、膣内を石鹸で洗うのはNGなので洗い方には注意してください。

おすすめ石鹸は「アンボーテ」

モンドセレクション金賞受賞

アンボーテは、子どもでも使えるくらい低刺激で、肌に優しい、安全性の高いデリケートゾーン専用ボディーソープなんです。

その安全性や品質は世界でも認められており、2017年には、モンドセレクションで見事金賞を受賞しています。

デザインがかわいい

アンボーテ

飽きない可愛らしいデザインにもこだわっています。

アンボーテの特徴とも言えるローズの香りから、バラの花とラベンダー、シトラスの絵柄がキュートです。

見た目ではデリケートゾーン専用石鹸とはわかりにくいので、ご主人や彼氏さんにバレる心配もありません。

美容成分がたっぷり

アンボーテのこだわりは、高品質な材料を使用していることです。

オーガニック化粧品の世界基準である“COSMOC”の厳しい条件をすべてクリアしています!

配合成分は、ダマスクローズやアロエベラ、マロウ、エーデルワイスなど、植物由来のエキスがふんだんに使用されています。

アンボーテは、美容液で洗っていると言えるくらい、たくさんの美容成分が詰まっているんです。

ボディ用としても使える

アンボーテ

高品質なボディーソープを何種類も揃えるのは経済的な負担も大きいですよね。

ですが、アンボーテなら、デリケートゾーンだけでなくボディ用、ハンドソープ代わりとしても使えます!

アンボーテ1本あれば、カラダ中すべてを洗うことができるので、コスパも良いと言えますね。

アンボーテには、COSMOSの基準で認められた、“デヒドロ酢酸”という成分が使用されています。防腐剤の中でも、安全性が高く肌への影響が少ないものなので、安心して使うことができますよ。

定期コースでお得に買える

ボディケアにそこまでお金をかけられない、というのが女子の本音ですよね。

ですが、アンボーテなら、通常価格の42%OFFで購入できるお得な“トクトクコース”があります!

商品や発送に関する質問や、成分など、困ったことがあれば、すぐに電話で問い合わせができるので安心感もあります。

通話料無料のフリーダイヤルなので、電話料金を気にせず聞けるというのもうれしいポイントです。

正しい石鹸と使い方

デリケートゾーン専用石鹸を使っても、洗い方を間違ってしまうときちんと効果が出ない場合があります。

美しいデリケートゾーンを保つための、正しい石鹸の使い方と、洗う時の注意点についてまとめています。

泡立てて優しく洗う

アンボーテの泡

デリケートゾーンの皮膚は、顔や腕よりも薄く、刺激に弱い部分です。

そのため、肌を直接ゴシゴシ洗うのではなく、石鹸でつくった泡で包み込むように優しく洗いましょう。洗顔でいう、泡パックのようなイメージです。

まずは、手に石鹸をとり、手のひらでくるくると円をかくようにして、よく泡立てます。ネットを使うと楽に泡ができるので便利ですよ。

ホイップクリームのような泡ができたら、陰部ではなく、まずはアンダーヘアから丁寧に洗っていきましょう。

アンダーヘアを洗ったら、泡の流し残しがないように陰部の汚れを落としていきます。

【NG】ゴシゴシ洗い

汚れを落とそうと、強い力でゴシゴシ洗いしてしまいたくなるものですよね。

ですが、皮膚が薄く刺激に弱いデリケートゾーンをゴシゴシ洗いするのは危険です!

洗いを落とすどころか、逆に傷つけてしまい、肌がボロボロになってしまいかねません。

万が一傷がついてしまうと、そこから細菌が入り込み、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

デリケートゾーンを洗う時は、指の腹を使って優しくゆっくりと行いましょう。

汚れが見えづらいときは、鏡を使うのもおすすめですよ。

【NG】膣の中まで洗う

「デリケートゾーン専用石鹸と普通の石鹸との違い」の項目で、膣内は乳酸菌を生成し、細菌の繁殖を防ぐための役割を担う、“デーテルライン桿菌”のおかげで、酸性に保たれていることをご説明しましたよね。

このデーテルライン桿菌のおかげで、膣内のpH値を常に酸性に保たれ、自浄作用が働いているわけですが、実は、膣の中を洗いすぎると、自浄作用の働きが損なわれてしまう可能性があります。

膣の中までしっかり洗ってしまうと、酸性が弱まり、膣内のpHバランスがアルカリ性へと傾いてしまい、バリア機能が低下に繋がります。

細菌感染のリスクも高まり、カンジダ膣炎をはじめとするさまざまな感染症にかかりやすくなってしまうんです。

膣の中まで指を入れてしっかり洗うことは避け、膣周りを優しく丁寧に洗う程度にとどめておきましょう。

【NG】肛門まわりは最初に洗う

デリケートゾーンを洗う時は、基本的に前から後ろの順番です。

アンダーヘアから陰部、そして肛門の流れで洗います。

肛門はデリケートゾーンの中でも一番汚れが溜まり、雑菌の繁殖しやすい部分です。

肛門を先に洗ってしまうと、膣内に雑菌が入り込み、感染症をはじめさまざまなトラブルを引き起こす原因となってしまいかねません。

肛門まわりは一番最後に洗うように、注意しましょう。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみは、専用石鹸でケアをすれば改善することも夢ではありません!

顔と同じように、毎日お手入れをしてあげることが大切です。

ただし普段使っているようなボディーソープを使うと、デリケートゾーンには刺激が強すぎるため、かえって黒ずみの原因になってしまうかもしれません。

デリケートゾーンを洗うときは、専用石鹸をよく泡立て、優しく洗うようにしてください。

デリケートゾーン専用石鹸だけなく、クリームなど、専用商品を併用すると、さらに効果が期待できますよ。

  • はてブ
  • twitter
  • LINE
  • facebook
この記事のライター
ちな

20代既婚。女の子2人のママをしています。最近は、子供たちが寝たあとのカフェタイムが1日の楽しみ♪体重が増えるのはわかっているけれど、なかなかやめられません…

ページトップページトップ