1. リント
  2. 生理・おりもの
  3. 生理中に快便になるのはどうして?生理とホルモンの関係とは

生理中に快便になるのはどうして?生理とホルモンの関係とは

公開日  | 更新日 

「普段は便秘なのに、生理中は快便になる」
「生理がくるとお腹を下してしまう」
「生理前になると便秘気味になってしまう」

このような疑問や悩みを抱えていても、なかなか友達に相談しにくいですよね。なかには「私だけかも…」と不安に感じでいる人もいるのではないでしょうか?

生理になると快便になったり、生理前になると便秘になったりする症状は、実は普通のことなんです!

今回は生理と便の関係について徹底的にリサーチし、まとめてみました。

生理中に快便になるのはおかしくない

生理中に快便になるのは、他の人も同じなのか気になりますよね?生理になると便通が良くなるのは本当なのか、みんなの声をリサーチしてみました。

みんなの声

普段は便秘がひどいのですが、生理のときは1日2回出るほど快便になります。
生理前までは便秘でも、生理が来たら快便になります。
生理のときいつも快便通り越して下痢になってしまいます。
生理中いつも以上に快便になるのは私だけ?

ネットでリサーチをした結果、生理になると快便になるという意見が多く見られました。なかには便通が良くなりすぎて、下痢気味になってしまう人もいるようです。

実は、私も生理がくると便通が良くなるので、生理と便の関係性について疑問を抱えていました。それではなぜ生理中に快便になるのか、理由を見ていきましょう!

生理中に快便になるメカニズム

生理と便の関係は、「プロスタグランジン」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類のホルモンの分泌量に影響されます。

とくに快便になるのには「プロスタグランジン」が影響しています。

プロスタグランジンが腸の働きを良くするから

生理が始まると「プロスタグランジン」の分泌が活発になります。

プロスタグランジンには経血をスムーズに体外に排出させるため、子宮を収縮させる作用があります。

この時、子宮の近くにある腸管も同時に収縮されるため、便通が良くなるといわれています。

【生理中】プロスタグランジンの過剰分泌による下痢の対策

生理中は「プロスタグランジン」の分泌が活発になり、プロスタグランジンには腸管を収縮させる作用があるため便通が良くなります。

しかし実は、生理の痛みの原因はプロスタグランジンだと言われており、過剰に分泌されることによって、腹痛、頭痛、めまい、吐き気などを引き起こす場合があります。

過度な分泌は快便どころか、下痢気味になる恐れがあります。生理中の下痢で悩んでいる人は、以下の対策方法を実践してみてください。

生理中の下痢対策

1.体を冷やさない

プロスタグランジンが分泌される理由は、経血を体外に排出するためです。

体を温めて子宮の血行をよくすることで、プロスタグランジンが過剰に分泌されにくくなり、経血を体外に排出することができます。

2.カフェインを控える

カフェインには血管を収縮させる作用があり、血液の循環を悪くさせます。

血管が収縮は体の冷えに繋がり、上記の通りプロスタグランジンが過剰に分泌されるため、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲料は、極力控えるようにしましょう。

3.青魚を食べる

EPAを含む青魚は、プロスタグランジンの過剰分泌を抑制する働きがあります。

さらに血液をサラサラにして血行を促進する働きもあるので、生理中は積極的にアジやサバ、サンマなどを食べましょう。

逆に生理前は便秘になりやすい

月経を迎える前は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれるホルモンが、通常よりも多く分泌されます。

プロゲステロンには妊娠に備えて、水分や栄養を体内に蓄えようとする作用があり、さらに大腸の働きを弱める作用もあります。

そのため便が腸内に留まりやすくなり、便に含まれる水分が減ってしまうことが、便秘になりやすい原因です。

プロゲステロンの分泌が活発になる「排卵期」~「月経期」にかけては、特に便秘になりやすいといわれています。

【生理前】プロゲステロンの過剰分泌による便秘の対策

上記で説明した通り、月経を迎える前の「排卵期」~「月経期」の期間に入ると、プロゲステロンが通常よりも多く分泌されるため便秘になりやすくなります。

ルナルナが「どんなときに便秘になりやすいですか?」というアンケート調査を行ったところ4人に1人は生理前に便秘になりやすいと感じているという結果になりました。

プロゲステロンの過剰分泌は腸にガスがたまったり、ひどい便秘症状に繋がったりする場合があります。日常生活に支障をきたすリスクもあるため、生理前の便秘で悩んでいる人はしっかりと対策をするようにしましょう。

生理前の便秘対策

1.食物繊維や乳酸菌をとる

食物繊維や乳酸菌が含まれた食品は、便秘解消におすすめです。

ヨーグルト、フルーツ、サラダなどを組み合わせて、毎朝健康的な朝食を食べるようにしましょう。発酵食品は乳酸菌の働きをサポートするので、お味噌汁や納豆もおすすめです。

2.常温の水をこまめに飲む

便秘のときは便に水分が少なくなりやすいため、スムーズに排便ができるようにこまめに水分摂取を行いましょう。

3.軽いエクササイズをする

ウォーキングなどの有酸素運動は、大腸の働きが活発になるといわれています。

またヨガには腸に刺激を与えて便通を良くするポーズもあるので、便秘になったときのために覚えておくと良いでしょう。

日頃からホルモンバランスを整えよう

プロゲステロンやプロスタグランジンの過剰分泌は便秘や軟便に繋がります。過剰なホルモンの分泌を抑えるためにも、ホルモンバランスを整えて腸内環境を良くしましょう。

食生活の改善 

ホルモンバランスを整えるためには、1日3回の規則正しい食生活が必須です。朝食を抜く、無理な食事制限、栄養バランスの偏った食事は絶対に控えてください。

特に豆乳や納豆などの大豆食品には、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。イソフラボンはPMSの緩和にも効果が期待できるので、積極的に摂取しましょう。

また月経により不足しがちな鉄分や、女性が避けがちな肉類に含まれるたんぱく質も、体を作る大切な栄養分です。ホルモンバランスを整えるために、まずは食生活を見直してください。

睡眠

睡眠不足になると自律神経のバランスが崩れるため、ホルモンバランスの乱れに繋がります。質の高い睡眠をとるように心がけましょう。

特に睡眠についた後の最初の3時間は、体のさまざまな機能をコントロールしている「成長ホルモン」が、もっとも分泌されるといわれています。最初の3時間にどれほどぐっすりと眠れるかが、質の良い睡眠をとるポイントです。

質の良い睡眠をとるために、就寝前はリラックスできる環境作りをしてください。ラベンダーなどのアロマをたいたり、ヨガやストレッチなどの軽い運動をしたり、ちょっとした工夫で熟睡することができます。

サプリメントを服用する

リントがおすすめするサプリメント「めぐルナ」は、生理前や生理中に起こる体の不調や、PMS(月経症候群)を和らげます。

女性ホルモンのバランスを整える成分が配合されており、生理不順や生理痛に効く「チェストベリー」、血行改善や冷え性の軽減に良い「高麗人参」など、女性に嬉しい成分がたくさん入っています。

さらに1粒あたり5,000万個の乳酸菌が含まれているので、生理前の便秘解消にも効果が期待できます。

→生理やPMSの不調を和らげる救世主サプリ【めぐルナ】の効果

まとめ

生理中に便通が良くなる原因は、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「プロスタグランジン」という2種類のホルモンが関係しています。

「プロゲステロン」は水分を体内に蓄えようとする作用があり、さらに大腸の働きを弱める働きもあります。便が腸内に留まりやすくなり、便に含まれる水分が減るため、「プロゲステロン」の分泌が活発になる「排卵期」~「月経期」は、特に便秘になりやすいといわれています。

反対に生理が始まると、「プロスタグランジン」というホルモンの分泌量が通常よりも多くなります。プロスタグランジンは腸管の働きを促す作用があるため、便通が良くなるといわれています。

ただし「プロスタグランジン」の過剰分泌は下痢や軟便に繋がります。過剰なホルモンの分泌を抑えるためにも、ホルモンバランスを整えて腸内環境を良くしましょう。

  • はてブ
  • twitter
  • LINE
  • facebook
この記事のライター
あやか

30代既婚。主婦です。最近の悩みは体重自己新記録を更新し続けていることです。だってこの世においしい食べ物がありすぎるんだもの!

ページトップページトップ