1. リント
  2. 胸を大きく
  3. どんな成分なら安全?バストアップ効果のある成分&摂取方法

どんな成分なら安全?バストアップ効果のある成分&摂取方法

公開日  | 更新日 

クリームやサプリなど、バストアップ効果に期待できるさまざまな商品が販売されています。

しかし配合成分を見ても、その商品が安全なものか、効果的なものか、わかりませんよね。

そこで、今回はバストアップ効果に期待できる成分と、その摂取方法についてお話します。

女性ホルモンと似た作用をする成分

女性ホルモンには、“エストロゲン“と”プロゲステロン“という2つのホルモンがあり、これらの働きで、女性らしいカラダつきを生み出しています!

女性ならではのくびれや丸みを帯びたボディには個人差があることはもちろん、バストも女性ホルモン量によって人それぞれ大きさが異なるのです。

女性ホルモンは、ストレスやホルモンバランスの乱れ、無理なダイエットなど、ちょっとしたことが原因で、分泌量が減ってしまうことに繋がります。

女性ホルモンが減少してしまうと、バストアップが難しくなってしまいます。

バストアップには、女性ホルモンの分泌量を増やすことが望ましいのですが、生活習慣を改善し、ストレスのない生活を送るというのはそう簡単なことではありません。

女性ホルモンに似た作用をする成分を摂取することで、女性ホルモン量を補うことができ、バストアップ効果に期待できます。

プエラリア

プエラリアは、タイの北部などの亜熱帯地方を中心に生息している、マメ科の植物です。タイでは、昔から「美と健康」を保つため、薬として利用されてきました。

プエラリアの根の部分には、「植物性イソフラボン」と「プエラリン」とういう2つの成分が豊富に含まれています。

植物性イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをすることで知られており、バストアップ効果が期待できます。

また、プエラリンには、植物性イソフラボンの働きをサポートする役目があります。
プエラリアに含まれるイソフラボンの量は、大豆の40倍とも言われています。

イソフラボン

イソフラボン」という名前は、女性なら1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

イソフラボンは、マメ科の植物に多く含まれている成分です。大豆イソフラボンが有名ですよね。

納豆や豆乳、豆腐など、日本の食卓にはマメが並ぶことが多いですから、とても身近にあるイメージがあります。

実は、イソフラボンには、女性ホルモンの1つである、“エストロゲン”にそっくりな働きをすると言われており、エストロゲンは、乳腺細胞を増やす働きがあります。

つまり、乳腺細胞が増えると、乳腺が発達し、乳腺を守るための脂肪細胞も多くなるので、バストアップ効果に期待できるというわけなのです。

ブラックコホシュ

プエラリアや、イソフラボンの他、花から採れる“ブラックコホシュ”という成分にも女性ホルモンに似た働きがあると言われています。

ブラックコホシュに含まれているイソフラボンには、エストロゲンに似た働きがあり、乳腺が刺激を与えて、自然な形でバストアップができると口コミで広がっています。

また、ブラックコホシュは美容ハーブの一種なので、バストアップ効果だけでなく美容効果にも期待でき、女性からの人気も高くなっています。

バストアップをサポートする成分

直接胸を大きくする働きはなくとも、“バストアップ効果をサポートしてくれる存在”がとても重要になります。それは何なのかと言うと…、ビタミン類です!

ビタミンは美肌効果やコラーゲン生成促進など、「美容に良い」イメージが強いのですが、バストアップを目指す上でも必要不可欠な成分となります。

ビタミンC

「レモン○個分のビタミンCが入っています!」などのフレーズを、商品パッケージやCMで目にすることも多いですよね。

そんなビタミンCには、胸を支えるためのクーパー靭帯」を強くする効果があります。

クーパー靭帯は、胸が垂れないよう、吊り上げる働きをしています。ハリのある胸は、このクーパー靭帯のおかげなんです。

しかし、このクーパー靭帯は一度伸びたり切れてしまうと、元には戻りません!

そこで、コラーゲンの生成を促進する効果のあるビタミンCが活躍します。

クーパー靭帯はコラーゲンでできているため、ビタミンCの生成を促すことは、クーパー靭帯そのものを強くすることに繋がるのです。

クーパー靭帯がピンと張っていれば、胸が垂れてバストサイズが小さくなることを防げますし、むしろ、胸がぐっと持ち上げられてバストサイズがUPします。

ビタミンE

ビタミンEは、血行を促進し、女性ホルモンを活性化させ、肌にハリをもたらす働きがあります。

さらに、ビタミンEには強い抗酸化作用があり、この抗酸化作用によって、「肌の老化」を防ぐ効果も期待できます。

体内の老廃物を排出する働きによって、悪玉コレステロールが減少し、善玉コレステロールが増え、新陳代謝もよくなります。

バストには酸素や血液がたくさん運ばれるため、代謝が良くなることは、バストサイズをUPすることにも効果的なのです!

ビタミンB

続いては、ビタミンBです。ビタミンBは、アーモンドやピーナッツなどの「ナッツ類」に豊富に含まれています。

豚肉や牛乳、卵、大豆、バナナなど、普段の食事でよく登場する食品にも多く含まれているので、意識せずとも摂取できている方も多いかもしれませんね。

ビタミンBには、血の巡りを良くし、糖質をエネルギーへ変換する働きがあります。

血行が良くなり、バストへしっかりと栄養が運ばれることによって、筋肉が引き締められ、バストアップへと繋がります。

バストアップに有効な成分

バストアップに効果的な成分は、食材に含まれているものだけではありません!

美容成分にも、バストアップに有効なものがたくさんあるのです。

これらは、カラダの内側からバストアップを促す、イソフラボンやプエラリアといった成分とはまた違ったアプローチをして、胸のカップ数を上げる効果が期待できます。

ボルフィリン

ボルフィリンは、ハナスゲというユリ科の植物から抽出されます。

ボルフィリンの主要成分は、“サルササポゲニン”となっており、このサルササポゲニンには、脂肪を増幅する働きがあります。

塗った部分に直接効果が期待できるため、食べたり飲んだりする必要がありません。

イソフラボンやプエラリアなどは、体内へ取り込んでカラダの内部からバストアップを促しますが、ボルフィリンは外側からバストアップ成分をアプローチします。

セサフラッシュ

セサフラッシュは、ゴマから生まれた美容成分です。
ボルフィリン同様、バストへ直接塗布することで、育乳効果が期待されています。

このセサフラッシュには、(VP/ポリカルバミン酸オイリグリコール)コポリマー、アクリル酸アルキルコポリマー、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオールという、計3種類の高分子成分が含まれています。

これらの働きにより、バストへハリや引き締めをもたらすことで、バストアップへ繋がります。

サプリから摂取する方法

ご説明した通り、バストアップ効果が期待できる成分はさまざまですが、一番手軽に成分を摂取できるのはサプリメントです。

一日決められた量を飲むだけでOKなので、手軽で手間かかりません。

サプリから摂取できる成分

サプリメントで接種できる成分は、「カラダの内面からバストアップをサポートするもの」が主となっています。

プエラリアやビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどのビタミン類は、サプリメントで接種することができます。

植物由来の成分については、サプリメントが豊富に販売されていて、種類もたくさんありますので、自分に合ったサプリメントを探してみましょう。

おすすめのサプリ

人気のバストアップサプリを集めました! どれも、通販で購入することができます。

ピンキープラス

ピンキープラスは、ツイッターやFacebookなどのSNSで話題となっているバストアップサプリです。

イソフラボンが豊富なブラックコホシュの他、リフレッシュ効果や心身を落ち着かせる作用のあるバレリアン、ロディオラロゼアなどが配合されているため、バストアップの大敵である、睡眠不足やストレスを払拭し、生活習慣をサポートする効果が期待できます。

ベルタプエラリア

ベルタプエラリアは、「高品質・純正100%・AAAランク認定」のプエラリアを配合しているバストアップサプリです。

プエラリアササプリの中でもっとも人気が高く、楽天市場でも満足度や口コミランキングなど、さまざまなジャンルで1位を獲得しています。

モンドセレクション2015で金賞を受賞している実績もあるんです!

プエラリアの他にも、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、ザクロ、4種類の美容成分を配合しているため、バストアップをしながら美白効果も期待できます。
※メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

ルーナ

ルーナは、上記2つのバストアップサプリとは違い、カラダのリズムに合わせて2種類のサプリ飲み分けて使用します。

つまり、生理の周期に着目し、キラキラ期(卵胞期)とまったり期(黄体期)に分け、2週間の間隔でサプリを飲み分けます。

さらに、ルーナには90日間の全額返金保証があります!

万が一、毎日飲んでもバストアップ効果を実感することができなかった場合には、90日間(3ヵ月)分の料金を返還してもらうことが可能です。

バストアップクリームから摂取する方法

バストアップクリーム、胸に直接塗布することで、バストアップ効果が期待できるものです。

クリームにはいろいろな種類の美容成分が配合されているため、胸のカップがUPするだけでなく、
肌がキレイになり、美肌効果が期待できるなどのうれしいメリットがありますよ!

クリームに含まれる成分

バストアップクリームには、女性ホルモンの分泌量を増やすための成分が含まれています。

直接バストのサイズUPに働きかけるボルフィリンや、女性らしいカラダをつくるプエラリアといった成分が多く使用されています。

さらに、クロレラエキスやコラーゲンなど、商品によってさまざまな美容エキスも配合されているため、バストのハリを与えることができ、美乳へと導いてくれます。

おすすめのバストアップクリーム

セルノート

セルノートはバストクリーム界でかなり人気のある商品です。

プエラリアボルフィンが豊富に配合されているほか、ビルエリーエキスクロレラエキス加水分解コラーゲンなども含まれているため、バストへハリを与えると同時にボディケアもサポートできるメリットがあります。

ラシュシュ

ラシュシュにも、バストへ働きかけるボルフィリンと、ゴマから採取されたセサフラッシュがダブルで贅沢に配合されています。

ただバストサイズをUPするのではなく、セサフラッシュを配合することで、バストへハリや弾力を与え、引き締まったバストへと導いてくれます。

さらに、加水分解酵母やチガヤ根エキスなどの11種類の美容成分を、超微粒子サイズで配合しているため、角質層の奥まで浸透し、さらなるハリ、ツヤ、そしてバストアップ効果を期待することができます。

食事から摂取する方法

バストアップは、栄養バランスの優れた食事を摂ることも大切です。

さらに、バストアップに効果的な成分を積極的に食事へ取り入れることで、さらに効果が倍増します!

食事から摂取できる成分

胸を大きくするには、乳腺を発達させて、脂肪をつけることが大切です!
そのため、食事でバストアップを図るには、“乳腺に良い”ものを積極的に摂りましょう。

食事から採れる乳腺に良い代表的な成分は、「植物性エストロゲン(イソフラボン)」です。
植物性エストロゲンは、大豆や納豆、枝豆などの、豆類に含まれています。

その他、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの働きを促進してくれる「ボロン」は、バストの脂肪のみ増やしてくれる、バストアップの味方というべき成分です!

ボロンは、りんごや梨などの果物や、ひじき、わかめなどの海藻類、そしてビタミンが豊富なアーモンドをはじめとするナッツ類にも豊富に含まれています。

おすすめの食事

乳腺に良い栄養をガンガン摂取して、ふくよかなバストを目指しましょう!

おすすめメニューは、ナッツを乗せた海藻サラダや、ひじきの煮物、豆腐とわかめの味噌汁などです。
バストに良い成分を多く食べて、相乗効果を狙いましょう。

→え、あの食べ物がバストアップする秘訣?効果的な食べ物と逆効果な食べ物

まとめ

バストアップ効果が期待できる成分と摂取方法についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?
「胸のサイズを大きくするには豊胸しかない…」と考えている方、まだ早いですよ!

女性ホルモン不足を解消できれば、バストアップできる可能性はまだまだあります。
サプリメントや食事で摂っても良いですし、バストアップクリームを塗ってもOKです。

あなたの合った方法で、まずはバストアップに挑戦してみてくださいね。

  • はてブ
  • twitter
  • LINE
  • facebook
この記事のライター
ちな

20代既婚。女の子2人のママをしています。最近は、子供たちが寝たあとのカフェタイムが1日の楽しみ♪体重が増えるのはわかっているけれど、なかなかやめられません…

ページトップページトップ
×メニューを閉じる